您现在的位置是:首页 > 3D打印 > 3D打印

3D 打印重量减轻和价格降低的光伏车辆!

网络转载来源:格物者 www.gewuer.com 如果作者或相关权利人不同意转载,请跟我们联系,我们立即删除文章。

简介美国电动汽车企业Aptera Motors位于加利福尼亚州圣地亚哥,已开始预购由大量3D打印组件组成的光伏汽车(SEV)。 カリフォルニア州サンディエゴを拠点とする米国の電気自動車ベンチャ

美国电动汽车企业Aptera Motors位于加利福尼亚州圣地亚哥,已开始预购由大量3D打印组件组成的光伏汽车(SEV)。

カリフォルニア州サンディエゴを拠点とする米国の電気自動車ベンチャー Aptera Motors(以下 アプテラ) は、多数の3Dプリント部品から構成された太陽光発電車(SEV)の予約販売を開始。受付から24時間で、初期の予約分である330台が完売した。

Aptera成立于2005年,由于财务困难而于2011年倒闭,它开发了一种新的电动汽车“ Aptera太阳能电动汽车(SEV)”,该电动汽车已经恢复。SEV拥有超过3平方英尺的面积和180个高效太阳能电池,每天需要长达45英里,每年约11,000英里且几乎没有充电(续航里程为7,700公里)。也可以将太阳能板添加到可选的发动机罩和后舱盖上,以进一步扩展巡航范围。

2005年に設立し経営難から2011年に破綻したアプテラは、再起を掛けた新しい電気自動車「Aptera Solar Electric Vehicle (SEV) 」を開発。このSEVは、3平方フィート以上の面積と180個の効率的な太陽電池を内蔵しており、ほぼ充電不要で1日最大45マイル(約72キロ)、年間で約1万1000マイル(約1万7700キロ)の航続距離を誇る。また、オプションで設定されているボンネットや後部ハッチへソーラーパネルを追加することも可能で、さらに航続距離を伸ばすことができる。

该SEV是仅靠太阳能就能满足日常驾驶需求的第一款电动汽车,全轮驱动和矢量化扭矩控制可提供舒适性,稳定性和天气条件,并具有响应能力。

このSEVは、太陽光発電だけで日常的な運転ニーズを満たすことができる初めての電気自動車であり、全輪駆動とベクトル化されたトルクコントロールは、快適性、安定性に優れており、悪天候にも対応できる能力を提供する。

计划于2021年上市的Aptera已将主要外部零件的数量减少至四个,以支持按计划进行的大规模生产。这四个外部零件是使用大型3D打印机和碳纤维等复合材料制造的,其他金属零件也正在积极采用3D打印技术。

2021年度中に発売開始を予定するアプテラは、タイトなスケジュールの量産化に対応するため、主要な外装部品を4点まで削減。この4つの外装部品は、大型3Dプリンタとカーボンファイバーなどの複合素材を使用して製造されており、他の金属部品類にも3Dプリント技術が積極的に採用されている。

与通过传统制造方法生产的汽车相比,普通电动汽车具有较少的零件数量,但Aptera的SEV更有效地使用3D打印技术,并且零件数量远远超过它们,拥有的零件数量少。

従来の製造方法で生産される自動車と比べ、一般的な電気自動車は部品点数が少ないが、アプテラのSEVは3Dプリント技術をより効率的に採用することで、それらを遥かに凌駕する部品点数の少なさを誇る。

预定于2021年发售的“ Aptera太阳能电动汽车(SEV)”具有特殊的“ Paradigm:25,900美元(约合270万日元)”,具体取决于电池组和驱动系统。价格为46,900美元(约490万日元)。

2021年の発売開始を予定する「Aptera Solar Electric Vehicle (SEV) 」には、バッテリー・パックと駆動方式により異なる仕様の「Paradigm(パラダイム):2万5900ドル(約270万円)」と、特別仕様車の「Paradigm Plus(パラダイム・プラス):4万6900ドル(約490万円)」がラインアップされており、初期予約分は予約開始から24時間経たずに完売となった。現在受付けている初期予約分以降の納車分については、返金可能な保証金100ドルを支払うことで、誰でも予約することができる。

文章来源:idarts